コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人定法 ジンテイホウ

デジタル大辞泉の解説

じんてい‐ほう〔‐ハフ〕【人定法】

人の定めた法。人為的に制定した法。人為法。⇔自然法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんていほう【人定法】

人の定めた法。人為法。 ⇔ 自然法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の人定法の言及

【実定法】より

…歴史的には,実定法の実定性(実証性)の理解のしかたに応じて,実定法の範囲も変化してきており,広義には,権威的意思による創設という契機だけに着眼して,神の法・掟(おきて)も実定法に含ませる見解もあった。狭義には,国家的ないし人間的意思による制定という契機を重視して,人定法と同意義に解され,制定法や判例法などに限定されることもあった。最も一般的な現代的用法は,現実に社会で行われている現行法と同意義に解し,制定法・判例法だけでなく,慣習法や条理などをも含ませるものである。…

※「人定法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

人定法の関連キーワード市民法[中世]フランス語重農主義実定法永久法教会法

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android