用語(読み)ようご

精選版 日本国語大辞典「用語」の解説

よう‐ご【用語】

〘名〙
① 使用する言語。使用する字句。また、特定の部門で使うことば。術語
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉四「是時に至りて其用語漸く広く其文字漸く艷に」
② (━する) 考えを表現するため、ある語を用いること。
※想実論(1890)〈石橋忍月〉一「吾人が是より屡屡(しばしば)用語せんとする『詩』其者に就て一応説明するの必要を感ず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「用語」の解説

よう‐ご【用語】

使用されている字句や言葉。特に、ある特定の分野で用いられる言葉。術語。「医学用語」「専門用語

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android