コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人目包み ヒトメヅツミ

デジタル大辞泉の解説

ひとめ‐づつみ【人目包み】

人の見る目をはばかって隠れること。和歌では、「包み」を「堤(つつみ)」に掛けて用いることが多い。
「思へども―の高ければ河とみながらえこそ渡らね」〈古今・恋三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとめづつみ【人目包み】

世間の人の見る目をはばかること。和歌で「包み」を「堤つつみ」にかけて用いることが多い。 「思へども-の高ければ川と見ながらえこそ渡らね/古今 恋三

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報