コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙台七夕まつり せんだいたなばたまつり

知恵蔵の解説

仙台七夕まつり

毎年8月6日から3日間、仙台市の中心街で行われる夏祭り。色とりどりの華やかな七夕飾りが競うように飾られ、多くの観光客を集めて盛大に行われる。青森ねぶた祭、秋田竿燈(かんとう)まつりと共に、東北の三大祭りに数えられる。
全国各地で古くから行われている民間の年中行事の一つ、七夕行事がベース。仙台では「タナバタさん」と呼ばれ親しまれてきた。第1次世界大戦などによって衰退していたが1927年、不景気を吹き飛ばそうと商家の有志たちによって華やかな七夕飾りが復活した。第2次世界大戦でも街から消えたが、終戦後に再び復活し、やがて現在のような一大観光イベントへと変貌していったという。
仙台七夕まつりの特徴とされる豪華な笹飾りは、「紙衣」「折鶴」「短冊」「投網」「屑籠(くずかご)」「巾着」「吹き流し」などがあり、それぞれ厄よけ、家内安全、学問の上達、豊漁・豊作などの願いが込められている。期間中は関連するイベントが催され、昼に夜ににぎわう。仙台七夕まつり協賛会によると、2010年は3日間で235万人を超える人出があったという。
東日本大震災が発生した2011年は、被災地の願い事を短冊に書いてもらって飾るなど、「復興と鎮魂」をテーマに開催されることになった。被災地を元気付けようと、京都からも初めて祇園祭の長刀鉾(なぎなたぼこ)のおはやしなどがまつりに参加するという。

(原田英美  ライター / 2011年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

仙台七夕まつり

江戸時代は「たなばたさん」と呼ばれた祭事で、1928年に商店街が「飾りつけコンクール」を開催。戦争で一時中断したが、46年に復活。東北を代表する祭りとなり、昨年は3日間で235万人を集めた。飾りの中でも、てっぺんにくす玉を置き、色とりどりの細長い和紙や千羽鶴を垂らした「吹き流し」が有名。

(2011-06-09 朝日新聞 朝刊 宮城全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

仙台七夕まつりの関連キーワード東北発信源ユニットSPLASH仙台七夕花火祭秋田竿燈まつり宮城県仙台市宮城県

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仙台七夕まつりの関連情報