仰いで天に愧じず(読み)アオイデテンニハジズ

  • 仰(あお)いで天(てん)に愧(は)じず

デジタル大辞泉の解説

《「孟子」尽心上「仰いでに愧じず、俯(ふ)して人に怍(は)じざるは、二の楽しみなり」から》心に少しもやましいところがない。俯仰(ふぎょう)天地に愧じず。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ことわざを知る辞典の解説

反省してみて、心に少しもやましい所がない。

[解説] 「して地に愧じず」と続けていうこともあります。

〔異形〕ぎょう天地に愧じず

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android