コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊呂波ガルタ イロハガルタ

デジタル大辞泉の解説

いろは‐ガルタ【×伊呂波ガルタ】

カルタの一。いろは47文字に「京」の字を加えた48文字で始まる諺(ことわざ)を書いた読み札と、その内容を絵に書いた取り札からなる。犬棒(いぬぼう)カルタなど。江戸後期に始まる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いろはガルタ【伊呂波ガルタ】

カルタの一種。主として子供向き。いろは四七文字に「京」の一字を加えた四八字のそれぞれを首字にしたことわざと、その内容を絵で表したものを一対にする。江戸後期頃に始まったという。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

伊呂波ガルタの関連キーワードそれぞれ一種一字一対