コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

休止状態 キュウシジョウタイ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

休止状態

コンピューターの動作を一時的に止める機能の総称。休止状態でパソコンを終了すると、休止状態に入る直前のメモリー内の情報をハードディスクに保存してから電源が切れる。次の起動時に、ハードディスクから情報が読み出され休止前の状態が再現される。この機能をハイバネーションともいう。同様の機能にスタンバイ機能があるが、こちらはグラフィック機能やハードディスクなどの電源をオフにして消費電力を抑えるもので、パソコン本体の電源は入った状態である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

休止状態

ウィンドウズの省電力機能のひとつです。パソコンの使用中に作業状態をハードディスクに保存して電源を切り、次に電源を入れたときにはこのデータを読み出して直前の作業状態を復元します。通常の起動のように、いちいちウィンドウズを起動してから使っていたソフトやデータを呼び出す必要がないので、ウィンドウズを終了して電源を切った状態よりすばやく作業を再開できるというメリットがあります。
⇨サスペンド、スタンバイ

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

きゅうし‐じょうたい〔キウシジヤウタイ〕【休止状態】

hibernation》⇒ハイバネーション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

きゅうしじょうたい【休止状態】

ハイバネーション。⇒ハイバネーション

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

休止状態の関連キーワード気筒休止エンジン対応アクティブ振動騒音制御装置フィニアス(Jr.) ニューボーンHybrid Sleepクリプトスポリジウム症アイズレー・ブラザーズハイバネーションバーナード サムナージャクソン・ファイブパブリック・エナミー町内会の解散・休止Ultrabookウルトラボックスアクセル ローズトキソプラズマ症興奮・昂奮・亢奮イソスポーラ症レジューム機能ウィンドウズ化学伝達物質ジアルジア症

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

休止状態の関連情報