コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低髄液圧症候群 ていずいえきあつしょうこうぐんintracranial hypotension

知恵蔵の解説

低髄液圧症候群

脳脊髄液減少症」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

ていずいえきあつ‐しょうこうぐん〔‐シヤウコウグン〕【低髄液圧症候群】

脳脊髄液減少症

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ていずいえきあつしょうこうぐん【低髄液圧症候群】

蜘蛛膜下腔くもまくかこう、脳室および脊髄せきずいの中心管を満たしている髄液が減少し、頭痛、肩凝り、目まい、耳鳴り、疲れやすさ、集中力のなさや感情不安定などを訴える疾患。鞭むち打ち症や腰椎穿刺ようついせんしなどにより、髄液が慢性的に漏れることが原因とされる。脳脊髄液減少症。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

低髄液圧症候群
ていずいえきあつしょうこうぐん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

低髄液圧症候群の関連キーワード腰椎穿刺肩凝り脳室

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android