コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳脊髄液減少症 のうせきずいえきげんしょうしょう intracranial hypotension

5件 の用語解説(脳脊髄液減少症の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

脳脊髄液減少症

追突事故などの交通事故によるむち打ち症スポーツ外傷などで、脳を覆っている硬膜に小さな穴が開き、脳と脊髄の周囲を循環している脳脊髄液が漏れ出して、髄液圧が低下し、様々な症状を伴う症候群。原因が不明の場合もある。多くは頭痛、頸部痛、背部痛、腰痛、めまい耳鳴り記憶障害吐き気などを伴う。一般に、これらの症状は起立している時や座っている時に症状が増幅し、横たわると症状が軽快するという特徴がある。また、天候に左右されるなど、症状の変化が激しい。治療法としては、一般には安静だけでよくなることも多いが、長期間にわたる場合は硬膜外空に血液を注入し、血液を固まらせることによって穴をふさぐ方法がとられる。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

脳脊髄液減少症

交通事故や転倒などで頭を打ち、脊髄を守る膜が傷ついて髄液が漏れる状態になると頭痛やめまいといった症状が出る。子どもは改善率が高く、早期発見による適切な治療が重要とされる。

(2012-10-21 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

のうせきずいえき‐げんしょうしょう〔ナウセキズイエキゲンセウシヤウ〕【脳脊髄液減少症】

脳脊髄液が漏出・産生低下などによって減少することにより、頭痛・頸部痛・めまい・耳鳴りなどの症状が起こる病気。髄液が漏れている部分の硬膜外腔に患者自身の血液を注入し凝固させて塞ぐ、ブラッドパッチと呼ばれる治療が行われている。低髄液圧症候群

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

のうせきずいえきげんしょうしょう【脳脊髄液減少症】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脳脊髄液減少症
のうせきずいえきげんしょうしょう

脳脊髄液(髄液)の産生低下や、脳と脊髄を包む硬膜を満たしている髄液が外に漏れ出すことによって減少する病態。低髄液圧症候群ともいい、髄液が漏れ出して硬膜外に貯留する病態をとくに脳脊髄液漏出症ということもある。原因としては頭部外傷やスポーツ外傷、交通事故の後遺症むち打ち損傷)、腰椎穿刺(ようついせんし)などがあげられる。症状は立ち上がったときに頭痛が起こる起立性頭痛、頸部(けいぶ)痛、吐き気、めまい、耳鳴りなどで、腰椎穿刺後にはとくに起立性頭痛がよくみられる。治療は臥床(がしょう)安静や水分摂取のほか、髄液漏出を確認した場合は硬膜外から自家血を注入して漏出部位をふさぐブラッドパッチを行う。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脳脊髄液減少症の関連キーワード交通事故むち打ち症低髄液圧症候群事故る人身事故鞭打ち症交通禍交通事故による犠牲者を追悼する世界デー自動車事故県内の交通死亡事故件数

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脳脊髄液減少症の関連情報