使用済み核燃料の中間貯蔵施設

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

使用済み核燃料の中間貯蔵施設

原発のプールで保管されている使用済み核燃料を、再処理前に一時貯蔵する施設。関西電力は今年中に福井県外での候補地を示し、2020年ごろに確定、30年ごろに稼働させる予定。

(2018-06-02 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

使用済み核燃料の中間貯蔵施設の関連情報