コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家移り やうつり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家移り
やうつり

新築した家屋に移り住むこと,あるいはその際に伴う儀礼のことをいう。古くは,ワタマシ (渡るの敬語) などと称されたことから,家の神を移すことに本来の意味があったと考えられている。最初に家に持って入るものは,家の神様をはじめとして牛,馬,万年青 (おもと) などが多い。また,家移り粥などと称して,銭や小石などを入れた小豆粥が炊かれる。その粥を大黒柱などに供えたり,親類や近所の人に食べてもらう習俗もみられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いえ‐うつり〔いへ‐〕【家移り】

住居を移すこと。転居。引っ越し。やうつり。

や‐うつり【家移り】

[名](スル)引っ越すこと。転居。転宅。いえうつり。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いえうつり【家移り】

引っ越し。転居。やうつり。 「三月つごもりの日-するに/貫之集」

やうつり【家移り】

( 名 ) スル
引っ越し。転宅。転居。いえうつり。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家移り
やうつり

引っ越し、転居のこと。九州地方ではワタマシ、中部地方の山間部ではヤワタリというが、いずれも渡るという移動を示す語である。古くはワタマシは神輿(みこし)の渡御(とぎょ)や、貴人の転居をいう尊敬語であった。人だけでなく、家の神も移ると信じていたことがわかる。群馬県勢多(せた)郡ではホド分けといって、本家のホド(かまど)の灰を分けてもらい、新家屋のいろりやかまどの中に入れることをしているが、これは明らかに火の神の移動を示すものである。宮城県では親類縁者が、男女一組になって赤飯を持って祝いにくるという。関東地方では、粥(かゆ)を炊いて家の四隅の柱に供えてから、家財道具を運ぶ所が多い。この粥をヤウツリ粥とかワタリゲエ(渡り粥)といい、塩けのないものであった。粥は粘りけのあるもので、家の定着を願うものであった。
 家移りのとき、最初にオモトとか、糠(ぬか)漬け桶(おけ)、みそ桶、臼(うす)と杵(きね)などを運び入れるものだという伝承も多い。あるいは「家繁盛」という唱え言(ごと)をいうのも、いずれも家の永続を願うものであった。伊豆新島(にいじま)で、新築第一夜は、その家の主婦とその仲間が寝泊まりしたというが、家屋は女性の管轄下にあったことを示すものである。[鎌田久子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone