修史館(読み)しゅうしかん

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅうし‐かん シウシクヮン【修史館】

明治初期に官設された歴史編纂所。明治一〇年(一八七七)修史局を改名して発足。太政官修史館。→修史局

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の修史館の言及

【修史局】より

…こうして明治国家の正統性と権威を確立する立場から,当時の歴史編纂事業が発足した。その役割を果たすうえで,1872年国史編輯局は太政官制のもとで歴史課と改称され,また75年に修史局,77年には修史館となった。86年には内閣制度の施行下で内閣臨時修史局となったが,その2年後,同局は廃止されて,業務は東京帝国大学の史料編纂掛(1929年史料編纂所と改称)に移管された。…

※「修史館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android