発足(読み)ハッソク

デジタル大辞泉の解説

はっ‐そく【発足】

[名](スル)ほっそく(発足)

ほっ‐そく【発足】

[名](スル)
組織や機構などが設けられ、活動を始めること。はっそく。「米価審議会が発足する」
出発すること。はっそく。
「力無く故土(こど)に向けて―する」〈太宰・竹青〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はっそく【発足】

( 名 ) スル
ほっそく(発足)」に同じ。 「午食して-す/十和田湖 桂月

ほっそく【発足】

( 名 ) スル
団体・組織などが新しく作られ、活動を始めること。はっそく。 「協議会は一〇月に-する」
出発すること。はっそく。 「静岡を-して/浮雲 四迷

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発足の関連情報