コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修史局 しゅうしきょく

4件 の用語解説(修史局の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

修史局
しゅうしきょく

明治初期の官立国史編纂所。明治2 (1869) 年旧和学講談所内に史料編輯国史校正局が設置されたのに始り,国史編輯局太政官歴史課を経て 1875年修史局と改称,史料の収集と『復古記』『明治史要』の編纂を行い,77年修史館と改称され,重野安繹久米邦武らを中心に『大日本編年史』の編纂を開始,86年臨時修史局となり,88年東京帝国大学に移管されたが,漢文による通史の編纂事業は行きづまり,93年廃止,2年後史料の編纂を主たる目的とする史料編纂掛として再興,現在の東京大学史料編纂所の前身となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅうし‐きょく〔シウシ‐〕【修史局】

東京大学史料編纂所の、明治8年(1875)から明治10年(1877)までの称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうしきょく【修史局】

明治初年に設置された政府の歴史編纂所。大政奉還後,明治政府は王政復古の立場から1869年(明治2)修史の詔を発布して,国史編輯局を開設,三条実美を総裁として歴史編纂事業を開始した。その事業の一部として完成した最初の官撰明治維新史が《復古記》(1889完成,1930刊)であり,同書は王政復古に功労があった諸藩の事績を顕彰するための戊辰戦争の戦功録であった。こうして明治国家の正統性と権威を確立する立場から,当時の歴史編纂事業が発足した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゅうしきょく【修史局】

東京大学史料編纂所の前身。1875年(明治8)から77年にかけての称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

修史局の関連キーワード能勢頼保維新史料編纂会史料編纂所議官式部修撰文部卿等外官竜粛万国史

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone