コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修史局 しゅうしきょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

修史局
しゅうしきょく

明治初期の官立国史編纂所。明治2 (1869) 年旧和学講談所内に史料編輯国史校正局が設置されたのに始り,国史編輯局,太政官歴史課を経て 1875年修史局と改称,史料の収集と『復古記』『明治史要』の編纂を行い,77年修史館と改称され,重野安繹久米邦武らを中心に『大日本編年史』の編纂を開始,86年臨時修史局となり,88年東京帝国大学に移管されたが,漢文による通史の編纂事業は行きづまり,93年廃止,2年後史料の編纂を主たる目的とする史料編纂掛として再興,現在の東京大学史料編纂所前身となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅうし‐きょく〔シウシ‐〕【修史局】

東京大学史料編纂所の、明治8年(1875)から明治10年(1877)までの称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうしきょく【修史局】

明治初年に設置された政府の歴史編纂所。大政奉還後,明治政府は王政復古の立場から1869年(明治2)修史の詔を発布して,国史編輯局を開設,三条実美を総裁として歴史編纂事業を開始した。その事業の一部として完成した最初の官撰明治維新史が《復古記》(1889完成,1930刊)であり,同書は王政復古に功労があった諸藩の事績を顕彰するための戊辰戦争の戦功録であった。こうして明治国家の正統性と権威を確立する立場から,当時の歴史編纂事業が発足した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうしきょく【修史局】

東京大学史料編纂所の前身。1875年(明治8)から77年にかけての称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

修史局の関連キーワード東京大学史料編纂所大日本古文書竹添進一郎田中 義成周藤 吉之日下 勺水塩谷 青山宴曲十七帖伊地知正治伊地知貞馨田中義成広瀬青邨依田学海下沢保躬青山鉄槍望月毅軒岡谷繁実田山花袋塩谷青山島田蕃根

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android