コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俵責め タワラゼメ

デジタル大辞泉の解説

たわら‐ぜめ〔たはら‐〕【俵責め】

江戸時代の拷問の一。俵に詰めて首だけ出し、山積みにしてむち打ったもの。キリシタンを改宗させるために用いたといわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たわらぜめ【俵責め】

江戸時代の拷問の一。罪人を俵に入れて首だけ出させ、山積みにして鞭打ったもの。キリシタン信者を改宗させるため京都所司代板倉氏が採用したといわれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

俵責めの関連キーワード転びキリシタン江戸時代転証文

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android