コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俵責め(読み)タワラゼメ

大辞林 第三版の解説

たわらぜめ【俵責め】

江戸時代の拷問の一。罪人を俵に入れて首だけ出させ、山積みにして鞭打ったもの。キリシタン信者を改宗させるため京都所司代板倉氏が採用したといわれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android