コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉沢人形歌舞伎

1件 の用語解説(倉沢人形歌舞伎の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

倉沢人形歌舞伎

1894(明治27)年に地元の菅野常次郎(1878〜1966)が独創的な人形芝居を始める。常次郎は歌舞伎役者でもあったため、明治末期から昭和初期までの間、人で演ずる歌舞伎と、人形で演ずる芝居が行われてきた。戦時中、「倉沢人形芝居」は一時途絶えるが、戦後復活し、「倉沢人形歌舞伎」に改称される。59年に旧東和町(現花巻市)の無形民俗文化財に、95年に県の無形民俗文化財にそれぞれ指定された。

(2006-10-24 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

倉沢人形歌舞伎の関連キーワード入谷の朝顔市浅井常次郎内野常次郎梅津福次郎近藤常次郎菅野序遊(4代)菅野序遊(5代)菅野伝右衛門中野常次郎平塚常次郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone