偽痴呆(読み)ぎちほう(英語表記)pseudodementia

  • 偽痴呆 pseudodementia

世界大百科事典 第2版の解説

仮性痴呆ともいう。ヒステリー性もうろう状態で,ぼんやりして知能が低いかのように見えたり,わざとらしい間違った答えをしたり(的はずれ応答),子どもっぽい態度を示したり(小児症)すること。ドイツの精神科医ガンザーS.Ganserが未決拘禁状態の囚人について報告した(1904)。また,老年期などに抑鬱状態または何らかの脳病態のため一見痴呆があるように見えるが,病状が改善すると痴呆ではないことが判明する場合を暫定的に偽痴呆と呼ぶことがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の偽痴呆の言及

【神経症】より

…身体症状としては知覚障害と運動障害があり,前者には知覚脱失,視力障害,聴力障害など,後者には運動麻痺,失立(立てない),失歩(歩けない),失声(声が出せない),痙攣(けいれん)などがある。精神症状としては健忘,朦朧(もうろう)状態,痴呆のような状態を呈する偽痴呆などがある。身体症状は解剖学的,生理学的な原則と一致しないことが多い。…

【痴呆】より

…痴呆の性質により,全般性(瀰漫(びまん)性)痴呆と斑性痴呆(まだら痴呆)が区別される。 痴呆は原則的には器質性痴呆を指すが,犯罪者が拘禁時に示すヒステリー反応のガンザー症候群では,偽痴呆または仮性痴呆といい,あたかも痴呆者のようにみえる状態を示すことがあるが,本来の痴呆とは区別される。クレペリンが名づけた早発痴呆(今日の精神分裂症)は情意障害のため痴呆状にみえる状態である。…

※「偽痴呆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android