コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元三大師 ガンザンダイシ

デジタル大辞泉の解説

がんざん‐だいし〔グワンザン‐〕【元三大師】

平安中期の天台宗の僧、良源のこと。寛和元年(985)正月3日に没したのでいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がんざんだいし【元三大師】

○ 天台宗中興の祖と称せられる良源のこと。寛和元年(九八五)正月3日に入寂したのでいう。
護符の一。正月に門口に貼る「元三大師」と書いた札。良源が災疫を祓うために夜叉やしやの姿に化して自らを鏡に映し、自分の像を置く所には必ず悪鬼・災疫はないと誓ったことに由来するという。角を生やした鬼の姿を描くところから角大師ともいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

元三大師
がんさんだいし

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の元三大師の言及

【縁日】より

…これは民俗的な成女式と結びついたものらしい。弘法大師(空海)をまつる真言宗寺院では,毎月21日が縁日で,元三大師の場合は1月3日である。元三大師は天台宗良源上人のことで,正月の厄払いの機能をもっており,正月の縁日は人口に膾炙(かいしや)している。…

【大師信仰】より

…弘法大師,元三(がんざん)大師,善導大師など各宗派の祖や高僧に対する信仰をさすが,大師信仰として一括されるのは,これらの基底にオオイコ(大子)として神の子や遊行の神が村に現れるとする信仰があるとされるからである。この傾向はとくに弘法大師に強い。…

【良源】より

…遺骸は遺言にしたがって横川の北方華芳峰に葬られ,石塔がたてられた。987年(永延1)慈慧と諡号(しごう)されたが,正月3日に没したので俗に元三(がんさん)大師ともいう。また良源の墓所はさまざまの霊験があり,一山の護法とされ,御廟(みみよう)大師と称された。…

※「元三大師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

元三大師の関連キーワード延暦寺のおもな堂塔深大寺(寺)佐野厄除大師山田 恵諦大光普照寺神川[町]住吉具慶延暦寺廬山寺角大師横川

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元三大師の関連情報