コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元宝 げんぽう

大辞林 第三版の解説

げんぽう【元宝】

馬蹄ばてい銀の別名。元宝銀。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の元宝の言及

【財神】より

…財神は特に商家で尊崇され,なかでも関帝は,霊験あらたかな神として祭祀される(関帝廟)。北中国の商家では,諸神とは別に正月2日に財神をむかえ,人々は先を競って財神廟に参詣し,発財招福を祈願すると,〈元宝〉とよばれる馬蹄銀型の紙銭を借りて帰り,翌年これを倍にして返すという風習もあった。妓院では,春秋時代の斉の桓公もしくは管仲を娼業の祖としてまつり,また天津を中心とする北方では,〈胡仙〉とよばれる狐神や〈五大家〉と称される狐,鼬(いたち),針鼠,蛇,鼠の動物神が,巫女や商家のあいだで招財の神として信仰されたことも知られる。…

※「元宝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

元宝の関連キーワードファンタスマゴリック山村友五郎(3代)曽我廼家 明蝶名古屋ういろう小山田 宗徳曹氏宗族墓藤原仲麻呂真琴つばさ坂東巳之助園井 恵子井上依吏子皇朝十二銭衣咲真音森なな子白羽ゆり内野聖陽松本謙三徳川吉宗開元通宝開基勝宝

元宝の関連情報