コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全国発明表彰 ゼンコクハツメイヒョウショウ

2件 の用語解説(全国発明表彰の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぜんこくはつめい‐ひょうしょう〔‐ヘウシヤウ〕【全国発明表彰】

公益社団法人発明協会(JIII)が、科学技術的にすぐれた技術・デザインなどの発明に対して与える賞。大正8年(1919)創始。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

全国発明表彰

技術発展と産業振興をめざし、1919(大正8)年に始まった。特許や実用新案が登録されていることなどが要件。恩賜賞のほか、総理大臣賞など九つの特別賞がある。04年からは、優れた発明をいち早く表彰する21世紀賞を設けている。

(2009-05-15 朝日新聞 朝刊 科学1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

全国発明表彰の関連キーワード近代産業ソフト産業目差EUREKA農業振興地域防府商工会議所県建設産業振興プラン世界遺産と産業遺産日本科学技術振興財団産業振興

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

全国発明表彰の関連情報