コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公共事業評価監視委員会 コウキョウジギョウヒョウカカンシイインカイ

デジタル大辞泉の解説

こうきょうじぎょうひょうかかんし‐いいんかい〔コウキヨウジゲフヒヤウカカンシヰヰンクワイ〕【公共事業評価監視委員会】

事業再評価監視委員会

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

公共事業評価監視委員会

「始まったら止まらない」と言われる公共事業の再評価のため、国が98年度から始めた。県も同年度、同様の目的で委員会を設置した。審議するのは、国の補助事業や県単独事業で予算化後(1)5年たっても未着工(2)10年たっても未完成の事業など。県は委員会の意見書をもとにして対応を決める。委員会は06年度までの9年間で320の公共事業を審議。うち99事業が「見直し」や「中止(または休止)」となった。コスト縮減額は約529億円とされる。

(2007-08-07 朝日新聞 朝刊 長野東北信 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公共事業評価監視委員会の関連情報