共有ディレクトリー(読み)きょうゆうでぃれくとりー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

共有ディレクトリー

ネットワーク内の複数のクライアントユーザーから共有されるディレクトリ。サーバーローカルディスクネットワークに公開すると、これが共有ディレクトリとなり、クライアントからネットワーク経由で利用できるようになる。この際、セキュリティー機能が提供されるサーバーなら、各ユーザーに対してアクセス権(読み出し専用/フルアクセス、など)を設定できるのが一般的。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android