コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

其角堂永機 きかくどう えいき

美術人名辞典の解説

其角堂永機

江戸後期の俳人。江戸生。穂積氏。通称は善之、号は老鼠堂。父六世其角堂鼠肝に俳諧を学び、其角堂七世を嗣承した。芭蕉二百回忌法要を営み、『元禄明治枯尾花』を刊行。『其角全集』『芭蕉全集』『支考全集』『芭蕉十哲集』等の編著がある。明治37年(1904)歿、82才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

其角堂永機 きかくどう-えいき

⇒穂積永機(ほづみ-えいき)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の其角堂永機の言及

【永機】より

…江戸の生れ。其角堂(きかくどう)永機とも称す。本名穂積善之。…

※「其角堂永機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

其角堂永機の関連キーワード田辺 機一田辺機一

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android