コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼康祐元 かねやす ゆうげん

2件 の用語解説(兼康祐元の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兼康祐元 かねやす-ゆうげん

?-? 江戸時代前期の医師。
歯科医のかたわら,元和(げんな)3年(1617)江戸本郷に店をだし,歯磨き粉を処方した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

兼康祐元

生年:生没年不詳
江戸前期の口中医(歯医者)。流行品となった歯磨粉を処方した。平安時代に『医心方』を編纂した丹波康頼の後裔である兼康家の5代目。兼康家は江戸芝の柴井町と源助町に薬種,歯薬,香具を商う店を持っていたが,元和3(1617)年祐元は本郷に第3番目の店を出した。祐元が処方した歯磨粉「乳香散」は元禄時代(一説には享保年間)に別家の兼康祐悦が本郷店で販売すると流行品となり,「かねやす」というと歯磨粉を意味したという。明和ごろから「本郷も兼康までは江戸の内」の句で有名になる。また芝柴井町の店主は代々「祐元」を名乗り,口中医あるいは入歯師としても栄えた。<参考文献>山田平太「兼康家の人々」(『日本歯科医史学会会誌』1巻1号),花咲一男編「江戸のくすりや」(『再版川柳江戸名物図絵』)

(蔵方宏昌)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兼康祐元の関連キーワード浅見左逸阿形但秀曲直瀬玄鑑弘尊医者坊主口中口中薬歯医者鬢切り奴俳諧

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone