内耗(読み)ウチベリ

大辞林 第三版の解説

うちべり【内耗】

穀物を精白する際、はじめの全量の何割かが減ること。また、その減った分量。 ⇔ 外耗そとべり
歩合計算で、元高に対する減り高の割合。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の内耗の言及

【内部摩擦】より

…外部から加えられた力学的エネルギーが,物体内部で原子あるいは電子の熱運動エネルギーに変換され,減衰すること。内耗ともいう。たとえば板ばねの振動では,内部摩擦のために,強制振動させると温度が上昇し,自由振動させると振動が減衰する。…

※「内耗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android