分量(読み)ブンリョウ

  • ぶんりょう ‥リャウ
  • ぶんりょう〔リヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
物の重量・容積・数量・割合などの、多い少ないの程度。量。「仕事の分量を減らす」「目分量
長さ・重さなどをはかること。
「粉薬を―している小生意気な薬局生」〈啄木・鳥影〉
身のほど。身分の程度。分際(ぶんざい)。
「身の―を知ったるゆゑ」〈浄・博多小女郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
重さ・割合・量などの、多さ・大きさなどの程度。量。 水の-が多い 相当の-の仕事
物の長さ・重さなどの、量をはかること。 薬を-する
身のほど。分際。 人の-、智恵の程をしらざる人は/滑稽本・放屁論後編

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 目方。重さ。かさ。また、多い少ないの程度。量。〔文明本節用集(室町中)〕
※足利本論語抄(16C)郷党第十「酒を飲ほど分量はなけれども」 〔宋史‐高皇后伝〕
② (━する) 長さ、重さなどをはかること。
※古活字本荘子抄(1620頃)一「此から此までいかほどと分量してもつをさかひと云」
③ 身のほど。身分の程度。分際。
※菅家文草(900頃)九・為藤大納言請減職封半状「還恐朝家以臣為分量矣」
④ 物事の質的な程度。その物事が持っている価値。
※正法眼蔵(1231‐53)現成公案「人のさとりを罣礙せざること、滴露の天月を罣礙せざるがごとし。ふかきことはたかき分量なるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分量の関連情報