冠付(読み)かむりづけ

  • かんむりづけ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 雑俳で、はじめの五文字を題として出し、これに中七字、下五字を続けて、一句にまとめるもの。笠付(かさづけ)。烏帽子付(えぼしづけ)。冠句(かむりく)。かんむりづけ。⇔沓付(くつづけ)
※俳諧・真木柱(1697)前句付の事「冠付ゑぼし付などいへる季なし切字なしなどいふ事の侍るとかや」
[語誌](1)上方の笠付(かさづけ)が江戸に伝わり、「冠付」「烏帽子付」として流行した。
(2)元祿(一六八八‐一七〇四)頃からさかんに行なわれ、雑俳形式の重要なものとなる。それに伴って、様式も変化し、五文字題に趣向を凝らして、小倉百人一首の詞に限る「小倉付」や、霊場歌による「西国付」など各種のものが生まれた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の冠付の言及

【笠付】より

…〈待兼て〉というような5文字の題に〈わざと寝言にいふ嫁入(よめり)〉(《奈良土産》)のように7・5の句を付け,その付合を楽しむもの。古くは〈五文字付〉〈烏帽子付〉〈かしら付〉とも呼び,江戸では〈冠(かむり)付〉が多く用いられた。元来,連歌俳諧の句の仕立方の練習に行われた〈切句〉をヒントに,前句付(まえくづけ)の簡略体として,1693年(元禄6)ころ京都の雲鼓(うんこ)らが発明。…

【賭博】より

…平易な,日常の会話に似た解答がなされた。上の句が最初から付いているので,〈烏帽子付(えぼしづけ)〉〈笠付(かさづけ)〉〈冠付(かむりづけ)〉などと呼ばれた。笠付などは雑俳と総称されるが,3句1組の〈三笠付〉,連鎖風に続ける〈段々付〉など多様な型があらわれた。…

※「冠付」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エッセンシャルワーカー

ライフラインの維持に欠くことができない仕事に従事している人たちを指す。医療従事者、薬局、スーパー、物流企業の従業員、公共交通の運転手、警察官、消防士、ごみ収集作業で働く人などが該当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android