コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分子旋光度 ぶんしせんこうど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分子旋光度
ぶんしせんこうど

モル旋光度」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の分子旋光度の言及

【旋光性】より

…たとえば20℃におけるショ糖のナトリウムD線に対する比旋光度は=66.5゜として示す。(2)比旋光度[α]λtに光学活性物質の分子量Mをかけた量は分子旋光度molecular rotatory power,またはモル旋光度molar rotatory powerといい,溶液1000cc中に旋光性物質を1mol含む溶液が1mの液層に示す旋光角であり,分子固有の旋光度を比較するのに便利な量である。(3)結晶の旋光度は,ふつう1mmの厚さの層についての旋光角で表す。…

※「分子旋光度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

分子旋光度の関連キーワード光学的偏倚(偏位)法則光学的加成性の原理オウデマンの法則ハドソンの規則等旋光度則旋光分散

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android