コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旋光性 せんこうせい optical activity

翻訳|optical activity

6件 の用語解説(旋光性の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旋光性
せんこうせい
optical activity

直線偏光をもつ光がある種の物質中を通るとき,その偏光面が回転することがある。このような物質は旋光性をもつ,あるいは光学的に活性であるという。偏光面の回転方向が光の進行方向からみて右回りか左回りかによって,右旋性,左旋性という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せんこう‐せい〔センクワウ‐〕【旋光性】

ある種の物質に直線偏光を通過させたとき、物質がその偏光面を左右いずれかに回転させる性質。右回転を右旋性、左回転を左旋性という。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

旋光性【せんこうせい】

ある種の物質が,その中を通過する直線偏光の偏光面(偏光)を回転させるとき,この性質を旋光性といい,このような物質を旋光性物質という。旋光性の大小は比旋光度で表され,光が旋光性物質を通過後に,偏光面を右(時計回り)へ回すものを右旋性,左へ回すものを左旋性という。
→関連項目検糖計

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せんこうせい【旋光性 optical rotation】

光学活性の一種で,ある種の物質(旋光性物質)が,その中を通過する直線偏光の偏光面を回転させる性質をいう。他の光学活性の一つである円偏光二色性とクラマース=クローニヒの関係(クラマースの法則)で密接に関係づけられ,両者は互いに裏腹の関係にあるので,旋光性を光学活性と同義に用いることもある。進む光に向かって観測するとき,直線偏光の偏光面が旋光性物質(光学活性物質ともいう)を通過後に,右(時計の針の回る方向)に回る場合を右旋性dextrorotatory,左に回る場合を左旋性levorotatoryという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せんこうせい【旋光性】

ある物質内を直線偏光が通過する間に、その偏光面を右または左に回転させる物質の性質。右に回転させるものを右旋性、左に回転させるものを左旋性という。水晶や砂糖の水溶液などに見られる。自然界ではタンパク質は左旋性、核酸は右旋性のものだけが存在する。 → 偏光

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

旋光性
せんこうせい
optical rotatory power

物質に直線偏光を入射したとき、物質がその光を左右いずれかに回転させる現象。このような性質をもつ物質を旋光性物質といい、組成が同じでも構造が異なる物質であることから、光学異性体または光学活性体ともいう。代表的な例は酒石酸である。
 旋光性を測定するには旋光計(偏光計ともいう)を用いる。光源の後ろに偏光子を置き、直線偏光にする。これを試料に照射すると、物質によってはこの偏光成分が回転するために、出射光が暗く見える。しかし、測定者の側にある偏光子を左右いずれかに回転すると明るくなる。この回転角度をα(アルファ)とする、ただし、αは測定者から見て右回り(右旋性)のとき+、左回り(左旋性)のとき-とする。
 旋光性を示す物質には糖類、塩素酸カリウム、一部の錯化合物などがある。+の旋光をd、-の旋光をlで表し、また絶対配置を示すdlに対応させてD-、L-が用いられる。はアラニンの光学異性を示す。[下沢 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旋光性の関連キーワード右旋性光学活性旋光計比旋光度変旋光円偏光二色性コットン効果旋光両親媒性物質ファントホッフの法則(光学活性)

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

旋光性の関連情報