コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切らず/雪花菜 キラズ

デジタル大辞泉の解説

きら‐ず【切らず/雪菜】

《切らずに用いることができる意》おから。うのはな。「おから」が「空(から)」に通じるのを嫌っていった語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

切らず/雪花菜の関連キーワード重粒子線(炭素線)がん治療施設catch phoneロングラン・システムエンジンブレーキジャンク・メール恵方巻き・恵方巻施設の可能性検討わけぎのぐるぐるスーパーサイクルウォームブートウオームブート貯える・蓄える布引き・布引前立腺肥大症丸揚げ・丸揚丸漬け・丸漬引きも切らず割込み通話恵方巻き電子編集

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android