コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刈りばね カリバネ

デジタル大辞泉の解説

かり‐ばね【刈りばね】

木や竹を刈り取ったあとの、根元の部分。切り株。
「信濃道(しなぬぢ)は今の墾道(はりみち)―に足踏ましむな沓(くつ)はけわが背」〈・三三九九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

刈りばねの関連キーワード墾道