コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初号機 ショゴウキ

デジタル大辞泉の解説

しょごう‐き〔シヨガウ‐〕【初号機】

(改良しながら)続けて作られる機械の中で最初に作られたもの。第1号機。「準天頂衛星初号機が完成した」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

初号機の関連キーワードコールダーホール型原子炉宇宙航空研究開発機構SIMカード自販機イプシロンロケットHアリアンロケットスペースシャトルCOOLPIXエルゴラピードホンダジェットEXファルコン9EXILIM石窯ドームはやぶさ2無人補給機NASAみちびきジョーバFS

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初号機の関連情報