最初(読み)サイショ

  • さいそ
  • 最▽初

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 物事の一番はじめ。初手。最始。さいそ。
※百座法談(1110)二月二九日「われすなはちその㝡初のくだりのはての仏文字なり」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「最初(サイショ)は其様にもおもやせなんだが」 〔倶舎釈論‐二一〕
※蜻蛉(974頃)下「さいそにいでて諸矢しつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最初の関連情報