最初(読み)さいしょ

精選版 日本国語大辞典「最初」の解説

さい‐しょ【最初】

〘名〙 物事の一番はじめ。初手始。さいそ。
※百座法談(1110)二月二九日「われすなはちその㝡初のくだりのはての仏文字なり」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「最初(サイショ)は其様にもおもやせなんだが」 〔倶舎釈論‐二一〕

さい‐そ【最初】

蜻蛉(974頃)下「さいそにいでて諸矢しつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「最初」の解説

さい‐そ【最初】

《「そ」は「しょ」の直音表記》「さいしょ(最初)」に同じ。
「―に出でて諸矢しつ」〈かげろふ・下〉
したり顔なるもの、正月ついたちに―にはなひたる人」〈・一八五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android