最初(読み)サイショ

デジタル大辞泉の解説

さい‐しょ【最初】

いちばんはじめ。「物事最初が大切だ」「最初だれかと思った」⇔最後最終

さい‐そ【最初】

《「そ」は「しょ」の直音表記》「さいしょ(最初)」に同じ。
「―に出でて諸矢しつ」〈かげろふ・下〉
「したり顔なるもの、正月ついたちに―にはなひたる人」〈・一八五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さい‐しょ【最初】

〘名〙 物事の一番はじめ。初手。最始。さいそ。
※百座法談(1110)二月二九日「われすなはちその㝡初のくだりのはての仏文字なり」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「最初(サイショ)は其様にもおもやせなんだが」 〔倶舎釈論‐二一〕

さい‐そ【最初】

蜻蛉(974頃)下「さいそにいでて諸矢しつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最初の関連情報