別海町パイロットマラソン

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

別海町パイロットマラソン

1979年10月にNHKパイロットマラソンの名称で始まり、88年の10回大会から現在の名称になった。1回大会の参加者は69人だったが、31回大会からは1千人以上が参加している。コースレコードは、川内優輝選手が39回大会で出した2時間13分43秒。

(2018-10-15 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

別海町パイロットマラソンの関連情報