日本陸上競技連盟(読み)にほんりくじょうきょうぎれんめい

  • にほんりくじょうきょうぎれんめい〔リクジヤウキヤウギレンメイ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本における陸上競技轄する団体。 1925年全日本陸上競技連盟として設立された。初代会長は平沼亮三。 1928年大日本体育協会から国際陸上競技連盟に対する代表権を委譲され,国際的にも日本を代表する組織として認められた。 20万人の競技者が登記,登録している巨大組織で,47都道府県のすべてに翼下の地方組織をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の日本陸上競技連盟の言及

【陸上競技】より

… 1924年のパリ・オリンピック大会では織田幹雄が三段跳びで6位に初入賞。25年には日本陸上競技連盟が創設され,28年のアムステルダム・オリンピック大会では織田が三段跳びで待望の金メダルを獲得,陸上競技は黄金時代に入っていった。ことに三段跳びでは織田に続き,南部忠平(1932年ロサンゼルス大会),田島直人(1936年ベルリン大会)が金メダルをとり,オリンピック3連勝,女子ではアムステルダム大会の800mで人見絹枝が2位に入ったほか,棒高跳びの西田修平,大江季雄,三段跳びの原田正夫,大島鎌吉など多くのメダリストが輩出した。…

※「日本陸上競技連盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本陸上競技連盟の関連情報