コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤信清 かとう のぶきよ

美術人名辞典の解説

加藤信清

江戸後期の仏画家。府中小吏。江戸生。遠塵斎と号し、栄蔵と称する。画を好み龍興寺の五百羅漢図を描く。剣術・手摶も能くした。文化7年(1810)歿、77才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

加藤信清の関連キーワード加藤遠塵斎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android