コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀宝生

デジタル大辞泉プラスの解説

加賀宝生

石川県金沢市、諸江屋が製造・販売する銘菓。生落雁の間に羊羹をはさんだもの。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の加賀宝生の言及

【宝生流】より

…6世勝吉(1558‐1630)は金剛から養子に入っている。宝生は江戸時代は四座一流のなかで観世,金春(こんぱる)に次ぐ第3位の地位にあって流勢振るわなかったが,館林時代に宝生流をたしなんだ徳川綱吉が将軍になるや流勢も上向き,9世将監(しようげん)友春(1654‐1728)は諸国に勢力を広げ,とくに加賀藩主前田綱紀の知遇を得て,それまでの金春にかわって地盤を築き〈加賀宝生〉の基をつくった。江戸後期には,一橋家から出た将軍徳川家斉が生家で学んだ宝生流を重用したので,14世将監英勝(ひでかつ)(?‐1811),15世弥五郎友于(ともゆき)(紫雪。…

※「加賀宝生」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

加賀宝生の関連キーワード石川県金沢市佐野 吉之助佐野 正治千 章修宝生友春宝生流

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android