勾りの池(読み)マガリノイケ

デジタル大辞泉の解説

まがり‐の‐いけ【×勾りの池】

草壁皇子の宮殿、嶋宮(しまのみや)にあったとされる池。
「島の宮―の放ち鳥人目に恋ひて池に潜(かづ)かず」〈・一七〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android