コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草壁皇子 くさかべのおうじ

6件 の用語解説(草壁皇子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草壁皇子
くさかべのおうじ

[生]天智1(662)
[没]持統3(689).4.13. 大和,飛鳥
天武天皇の皇子。母は持統天皇。一名日並知 (ひなめしの) 皇子。壬申の乱のときは,11歳で天武天皇に従い吉野を出て東方に向った。天武 10 (681) 年皇太子となったが,天武天皇の第3子大津皇子の謀反があったりしたため,天武天皇の死後,皇后 (持統天皇) は称制の方法をとり,皇子を即位させなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くさかべ‐の‐おうじ〔‐ワウジ〕【草壁皇子】

[662~689]天武天皇の皇子。母は持統天皇文武(もんむ)元正両天皇の父。壬申(じんしん)の乱には天武帝とともに戦い、皇太子に立てられたが、即位せずに死去。日並知皇子(ひなめしのみこ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

草壁皇子【くさかべのおうじ】

天武天皇の皇子。母は持統天皇。日並(ひなみし)皇子とも。文武(もんむ)天皇元正(げんしょう)天皇の父。壬申(じんしん)の乱には大海人(おおあま)皇子(天武天皇)に従う。
→関連項目元明天皇持統天皇高市皇子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

草壁皇子 くさかべのおうじ

662-689 飛鳥(あすか)時代,天武(てんむ)天皇の第1皇子。母は持統天皇
天智(てんじ)天皇元年生まれ。壬申(じんしん)の乱の際,吉野を脱した天武天皇にしたがい東国にゆく。天武天皇10年皇太子。天皇没後は皇后が政務をとり,皇太子のまま持統天皇3年4月13日死去。28歳。「万葉集」には柿本人麻呂らがつくった挽歌が27首おさめられている。別名は日並知(ひなみしの)皇子。⇒岡宮天皇(おかのみやてんのう)
【格言など】大名児(おほなこ)を彼方(をちかた)野辺に刈る草(かや)の束の間もわれ忘れめや(「万葉集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

くさかべのみこ【草壁皇子】

662‐689(天智1‐持統3)
天武天皇の皇子で,母は持統天皇。文武・元正天皇,吉備(きび)内親王の父で,后は元明天皇。672年の壬申(じんしん)の乱のときには,天武天皇に従って吉野より東国へ向かい,679年(天武8)5月には天皇の吉野行幸に従った。このとき草壁は大津・高市(たけち)・忍壁(おさかべ)・芝基(しき)らの異母兄弟,および河嶋皇子(天智天皇の皇子)とともに,天皇・皇后の前で団結を誓ったが,誓いの筆頭に立てられたことからみて,当時すでに後継者の地位を固めていたらしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くさかべのおうじ【草壁皇子】

662~689) 天武天皇の皇子。母はのちの持統天皇。文武天皇・元正天皇の父。壬申じんしんの乱で父に従い、皇太子となったが早世。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の草壁皇子の言及

【大津皇子】より

…大津は4歳のとき母大田皇女を失うが,近江京における幼少時を天智天皇に愛されて過ごし,壬申の乱(672)では近江を脱して父天武の軍に加わった。乱後の天武朝に成人し皇子としての序列は常に皇太子草壁皇子につぐ地位にあり,683年はじめて国政に参画,685年浄大弐位を授けられている。《懐風藻》の伝によれば,たくましい風貌,体軀をそなえたうえに気宇大きく,幼年にして学を好み,博覧よく文をつづり,壮年に及んで武を愛し撃剣に長じていたという。…

【持統天皇】より

…国内では父の中大兄皇子(のち天智天皇)を中心に律令体制の成立が急がれていたが,国外では強大な唐の勢力の圧迫により,朝鮮半島の情勢が緊迫していた。斉明天皇は661年,唐と新羅に攻められた百済を救うために九州に出征,持統も夫大海人とともに軍に従い,662年(天智1)九州の那津で草壁(くさかべ)皇子を出生。百済救援軍は翌年白村江で大敗する。…

【束明神古墳】より

…副葬品は遺存せず,若干の歯牙と,金銅製円形棺金具1点,漆塗木棺のものとみられる多数の漆膜片,および鉄釘50本以上が出土した。年代は7世紀終りに近いころとされ,689年(持統3)に没した草壁(くさかべ)親王(草壁皇子)の墓とする説も唱えられている。【岸 俊男】。…

※「草壁皇子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

草壁皇子の関連キーワード飛鳥井頼孝飛鳥浄御原律令飛鳥井流飛鳥京飛鳥の蘇大阪府羽曳野市飛鳥奈良県高市郡明日香村飛鳥飛鳥井曾衣岡宮天皇道信

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

草壁皇子の関連情報