コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北野天神 キタノテンジン

2件 の用語解説(北野天神の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きたの‐てんじん【北野天神】

北野天満宮

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きたのてんじん【北野天神】

北野天満宮の別名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の北野天神の言及

【宗教】より

…そのため恐るべき祟る神も鎮められ供養されることを通して,福や幸を授ける守護神へと変身することができた。たとえば北野天神は日本の最もポピュラーな神の一つであるが,それは怨みをのんで死んだ菅原道真の霊をまつりあげたものである。道真の死霊ははじめ強大な祟り性を発揮し朝野に恐れられたが,のちに祭祀をうけて守護神の地位に昇り,学問・芸術の神とされるにいたったのである。…

【祟り】より

…清涼殿への落雷から醍醐天皇の死にいたる一連の社会的・個人的な異変が,大宰府で憤死した道真の怨霊によるとされたのである。この平安朝を通じての最大の祟り霊は,やがて北野天神としてまつられ,学芸の神としての天神信仰が形成されることになった。最大の祟り霊が反転して強力な守護神に変じ,崇敬されるようになったのである。…

【天神信仰】より

…9世紀後半の元慶年間(877‐885)には京都の北野で穀物がよくみのるよう雷公をまつって祈った。10世紀になって菅原道真の御霊(ごりよう)(怨霊)が北野の地にまつられてから,北野天神への信仰が天神信仰を代表するかのようにさかんになったが,北野天神も雷や牛と結びつけられている。【桜井 好朗】 室町時代以降,菅原道真を文筆・学問の神とする天神信仰がたかまると,詩文にたずさわる五山の禅僧の間には〈渡唐天神〉の伝承が成立した。…

※「北野天神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北野天神の関連キーワード禅昌北野神社天満宮北野天満宮紙屋川北野祭天神御手洗祭赤ら柏日本茶の日

北野天神の関連情報