コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北野天満宮 キタノテンマングウ

7件 の用語解説(北野天満宮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きたの‐てんまんぐう【北野天満宮】

京都市上京区にある神社。主祭神は菅原道真豊臣秀頼造営の社殿は国宝。「北野天神縁起」をはじめ多数の文化財を所蔵。太宰府天満宮とならび全国天満宮の本宮。北野天神北野神社

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

北野天満宮【きたのてんまんぐう】

京都市上京区馬喰町に鎮座。旧官幣中社。菅原道真をまつる。道真は大宰府に流されて死んだが,その後しきりに京に災異が起こった。世人はこれを道真の怨霊(おんりょう)のたたりとし,942年鎮魂のためこれをまつり,947年現在地に神殿を建てたと伝える。
→関連項目大内荘上京[区]北野北野大茶湯北野天神縁起絵巻倉月荘権現造ずいき祭菅原荘天満宮

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

北野天満宮

京都府京都市上京区にある神社。創祀は947年。祭神は菅原道真公、中将殿(菅原高視)、吉祥女。全国天満宮、天神社の宗祀。国宝の本殿など多くの文化財を保有。梅、紅葉の名所。通称、北野の天神さま

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きたのてんまんぐう【北野天満宮】

京都市上京区馬喰町に鎮座。祭神は菅原道真,相殿には中将殿(道真の長子,高視),吉祥女(道真の北の方)をまつる。道真は903年(延喜3)に大宰府で没し,905年に味酒安行が神託によって墓地に神殿を造立した。これが太宰府天満宮である。942年(天慶5),右京七条二坊の多治比文子(たじひのあやこ)が神託によって自宅の辺に道真をまつったという(現,下京区天神町,文子天満宮)。947年(天暦1),神良種(みわのよしたね)の子,太郎丸に託宣があり,北野朝日寺の僧最珍の尽力があって,同年,北野の右近衛府の馬場の地に神殿を造立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きたのてんまんぐう【北野天満宮】

京都市上京区にある神社。菅原道真みちざねをまつる。一〇世紀中頃の創建といわれ、権現造りの社殿は、1607年豊臣秀頼の再建で国宝。北野天神。北野神社。天満宮。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北野天満宮
きたのてんまんぐう

北野神社」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北野天満宮
きたのてんまんぐう

京都市上京(かみぎょう)区馬喰町(ばくろちょう)に鎮座。祭神は中殿に主神菅原道真(すがわらのみちざね)朝臣(あそん)、東間(ひがしのま)に中将殿(道真の長子高視(たかみ))、西間に吉祥女(きちじょうにょ)(道真夫人)を祀(まつ)る。太宰府(だざいふ)天満宮とともに全国天満宮1万余の宗祠(そうし)で、北野天神、天満天神、火雷(からい)天神、天満宮天神など種々の称号がある。二十二社に列する。
 道真は左遷されて大宰府で903年(延喜3)に没したが、その後京都に異変が多くおこり、これを道真の祟(たた)りとおそれ、天神信仰を生じた。942年(天慶5)7月13日、西京(にしのきょう)七条に住む巫女(みか)多治比奇子(文子)(たじひのあやこ)は道真の託宣を受け、邸内に小祠(しょうし)を構えて神霊を奉祀(ほうし)、947年(天暦1)山城(やましろ)国葛野(かどの)郡上林(かんつはやし)郷なる北野の現在地に移祭した。同じとき近江(おうみ)(滋賀県)比良社(ひらしゃ)禰宜(ねぎ)良種(よしたね)の子太郎丸に神託があり、北野朝日寺の僧侶(そうりょ)最鎮(さいちん)もこの移祭に協力して社殿を設けたのが北野天満宮の創祀である。この地には以前から北野天神とよばれていた雷神の祠堂があり、現在も本殿の背後に摂社北野天神社として祀られている。959年(天徳3)には九条右大臣藤原師輔(もろすけ)が三間三面庇(ひさし)檜皮葺(ひわだぶ)きの殿舎を造営、菅公(かんこう)命日の2月25日に鎮霊するとともに宝物を献じ、祭文を捧(ささ)げて子孫繁栄を祈請、九条家の隆盛は天神の加護によるといわれた。社観を一新すると、孔子の聖廟(せいびょう)に倣って北野聖廟とよばれ、菅公の霊は「文道の祖、風月の本主」と崇(あが)められた。現在も学問の神として受験成功祈願の参詣(さんけい)者が多い。
 987年(永延1)一条(いちじょう)天皇の皇太后宮の典侍(てんじ)に神教があって神殿を改造、同年8月5日、菅原氏の者を奉幣使にたてて北野祭(まつり)を始行し、以後、官幣社となった。993年(正暦4)には道真に左大臣正一位、さらに太政(だいじょう)大臣が追贈された。1004年(寛弘1)10月には一条天皇により初度の北野行幸があり、以後歴朝の行幸が続けられた。社務別当(べっとう)職はこの年菅原氏出身の比叡山(ひえいざん)西塔東尾坊の僧是算(ぜさん)が任ぜられ、のち曼殊院(まんしゅいん)と称し、明治維新まで代々相承される。
 豊臣(とよとみ)秀吉の尊崇はとくに厚く、1587年(天正15)10月北野大茶湯を催し、93年(文禄2)5月には征韓のことを祈請したという。現社殿は秀頼(ひでより)の寄進になるもので、1607年(慶長12)片桐且元(かたぎりかつもと)を普請奉行(ふしんぶぎょう)として本社をはじめ末社に至るまで大規模に造営された。1779年(安永8)塙保己一(はなわほきいち)が『群書類従』1000巻の完成を祈願したことは有名。旧官幣中社。8月4日の例祭(北野祭)のほか、菅公命日2月25日の梅花祭(ばいかさい)、10月1~5日の瑞饋祭(ずいきまつり)など神事は数多い。
 八棟造(やつむねづくり)の本殿・拝殿(国宝)は権現造(ごんげんづくり)の最古のもので、豊国(とよくに)廟や日光東照宮はこれを模して造営された。中門(扁額(へんがく)「天満宮」は後西院(ごさいいん)天皇の宸筆(しんぴつ))、回廊、平唐門(ひらからもん)、透塀(すきべい)、東門はいずれも国の重要文化財。社宝に『北野天神縁起』(国宝)のほか、数種の縁起や太刀(たち)、絵画、経巻など国の重要文化財を蔵する。[菟田俊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の北野天満宮の言及

【神木】より

…松,杉,ヒノキなどの常緑樹が一般的だが,神社によって特定の神木がある。有名なものに,京都の伏見稲荷大社や奈良の大神神社の験(しるし)の杉,福岡の香椎宮の綾杉,太宰府天満宮の梅,北野天満宮の一夜松(ひとよまつ),滋賀の日吉大社の桂,熊野大社,伊豆山神社の梛(なぎ),新潟の弥彦神社の椎などがある。奈良春日大社の神木(榊に神鏡を斎(いわ)いつけたもの)は中世に何度か興福寺の衆徒が春日大明神の御正体と称して担ぎ出し,朝廷に強訴(ごうそ)する手段とされた。…

【菅原荘】より

…もとは菅原保と称し国衙領であった。藤原基頼が能登守在任中,住人弘行の未進を理由に私領化し,1110年(天永1)10月にその田数50町(現作20町,荒野30町)を北野天満宮へ寄進した。この北野社領化に伴い〈菅原〉と命名されたという。…

【古物市】より

…東寺境内での毎月21日(弘法大師の命日)の弘法市は,1500の露店が並び,12月はとくに〈しまい弘法〉といわれる。北野天満宮の毎月25日(菅原道真の命日)の市も〈天神さん〉としてにぎわい,とくに1月は〈初天神〉と呼ばれる。また東京世田谷(代官屋敷跡付近)の〈ぼろ市〉も江戸時代からあり,今は12月15~16日と1月15~16日の2回開かれる。…

※「北野天満宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北野天満宮の関連キーワード湯島神社京都府京都市上京区扇町京都府京都市上京区頭町京都府京都市上京区北町京都府京都市上京区栄町京都府京都市上京区中之町京都府京都市上京区西町京都府京都市上京区二町目京都府京都市上京区馬喰町京都府京都市上京区東町

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北野天満宮の関連情報