コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半井金陵(読み)なからい きんりょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

半井金陵 なからい-きんりょう

?-? 江戸時代中期の浮世草子作者。
大坂の人。明和6年(1769)から安永6年(1777)にかけて,「敵討(かたきうち)天神利生記(てんじんりしょうき)」「当世芝居気質」などをかいた。ほかに教訓書「分限玉の礎」や実用書「財宝速蓄伝」などがある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android