コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半四郎鹿の子 ハンシロウカノコ

世界大百科事典内の半四郎鹿の子の言及

【麻の葉模様】より

…【一条 薫】
[風俗]
 アサはじょうぶに直立して生長するところから,これにあやかって江戸時代から子どもの着物の模様,とくに下着類に多く用いられた。これを絞(しぼり)にした麻の葉鹿の子は半四郎鹿の子という。1809年(文化6)3月,八百屋お七の追善興行を江戸森田座で行った際,5世岩井半四郎がお七を演じて大好評をえたとき用いた模様がそれで,江戸の女たちの半えり,下着,そで,すそまわしなどに流行した。…

【染色】より

…しかし結鹿の子に対するあこがれは強く,富裕な町人の婚礼などには欠くことのできぬものとして,総鹿の子の振袖や打掛がつくられてきた。江戸後期には鹿の子の愛好がより底辺にまで広がり,歌舞伎の舞台衣裳から半四郎鹿の子という浅葱麻の葉文様の鹿の子の流行なども生じた。流行は地方にも波及し,京都の絹布の絞に対して,木綿の絞が出現した。…

※「半四郎鹿の子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android