コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿の子絞り かのこしぼり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿の子絞り
かのこしぼり

京極絞りともいう。鹿の子まだらを白く染め抜いた絞染。京都の名産で,布地のところどころを糸で絞って,これを染液に浸し,のちに糸を解くと,絞った部分だけが白く残る。木綿鹿の子,絹鹿の子などがある。用途は,帯揚げ,着尺地など。1反を絞るのに長期間を要し,近年は絞り仕事の人件費の高騰から,韓国などに絞り仕事を下請けさせる例が増加している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かのこしぼり【鹿の子絞り】

布を小さくつまんでくくった絞り染め。白い小さな丸が表されたもの。鹿の子染め。鹿の子結い。鹿の子目結い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿の子絞り
かのこしぼり

絞り染めの一種で、小さな、やや不正形の白い輪の文様が、あたかも鹿(しか)の背のまだらのように表されたもの。技法は、小さい輪形に染め抜く部分の中央を、指先または鉤針(かぎばり)を用いてつまみ、その部分を糸でくくって防染して染めるので、糸が巻いてある部分が白い輪になって残る。絞りのなかでも素朴な技法であるから、もっとも古くから行われたものであり、また各地にこの種の絞り染めがある。
 中国唐代の出土染織品にもこの種の絞り染めはしばしばみられ、わが国の法隆寺や正倉院の伝世染織品(飛鳥(あすか)・奈良時代)纐纈(こうけち)中にはこれに類するものが多い。わが国近世初期以降の小袖(こそで)類に華麗な文様とぜいたくさを盛った匹田(ひった)絞りは、この鹿の子絞りが技法的にひとくふうされ進展した姿である。[神谷栄子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鹿の子絞りの関連キーワードカノコユリ(鹿の子百合)鹿の子繍・鹿の子繡絞り染め・絞り染江戸紫に京鹿の子江戸紫に京鹿子滋目結・繁目結半四郎鹿の子小太夫鹿の子鹿の子目結い地無し鹿の子一粒鹿の子鹿の子結い鹿の子模様半四郎鹿子鹿の子草京鹿の子鹿の子染鹿の子紋絞り染め鹿の子帯

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android