コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩井半四郎 イワイハンシロウ

5件 の用語解説(岩井半四郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いわい‐はんしろう〔いはゐハンシラウ〕【岩井半四郎】

歌舞伎俳優。屋号、大和屋
(初世)[1652~1699]大坂の人。通称、長四郎。座元立役を兼ねた。
(4世)[1747~1800]江戸の人。俳名、杜若(とじゃく)。通称、お多福半四郎。岩井家初の女形(おやま)で、写実的な世話物を得意とした。
(5世)[1776~1847]4世の子。俳名、梅我、のち杜若。通称、大太夫(おおたゆう)。名女形とうたわれ、毒婦悪婆役を得意とした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

岩井半四郎【いわいはんしろう】

歌舞伎俳優。現在10世。初世〔1652-1699〕から3世までは大阪の立役(たちやく)だったが,4世から江戸に移り,8世まで代々女方(おんながた)の名優として知られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いわいはんしろう【岩井半四郎】

歌舞伎俳優。10世まであるが,3世までは大坂の立役で,太夫元をも兼ねた。4世,5世,6世,8世が有名。(1)4世(1747‐1800∥延享4‐寛政12) 3世半四郎の娘婿である4世市川団十郎は,岩井家が絶えるのを惜しみ,江戸の人形遣い辰松重三郎の子で団十郎門下の松本七蔵を,1765年(明和2)11月岩井家の養子とし,半四郎をつがせた。〈お多福半四郎〉の名で親しまれた。1792年(寛政4)11月江戸河原崎座で《大船盛鰕顔見世(おおふなもりえびのかおみせ)》の三日月お仙を演じたが,この時,三田三角の局見世を実地に観察して,切見世女郎の描写を試み,〈生世話〉の演技を開拓した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いわいはんしろう【岩井半四郎】

歌舞伎俳優。屋号大和屋。
(初世)(1652~1699) 元禄期(1688~1704)大坂で座元をつとめ、立役としても活躍。
(四世)(1747~1800) 明和から寛政(1764~1801)にかけて活躍した江戸の女方。世話物の演技に新生面を開き、四世以降女方専門となった。
(五世)(1776~1847) 文化・文政期(1804~1830)の代表的女方。四世の子。前名は粂三郎くめさぶろう、俳名は杜若とじやく、通称を大太夫。生世話きぜわ物を得意とし、毒婦・悪婆役を創演した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩井半四郎
いわいはんしろう

歌舞伎(かぶき)俳優。屋号大和屋(やまとや)。3世までは大坂の座元を兼ねた立役(たちやく)の俳優で、4世から江戸に名跡(みょうせき)が移って女方(おんながた)の名優が名のり、現在10世まである。4世、5世がとくに有名。[古井戸秀夫]

4世

(1747―1800)人形遣い辰松(たつまつ)重三郎の子。3世の娘婿4世市川団十郎の門下で、岩井家に養子に入り、1765年(明和2)襲名。当時は初世の次男半三郎を家系に数えたので、5世を名のった。江戸で生まれ育った根生(ねおい)の女方として大成した最初の立女方(たておやま)で、従来の傾城(けいせい)役を得意とした上方下(かみがたくだ)りの3世瀬川菊之丞(きくのじょう)と拮抗(きっこう)した。女方全般から若衆方、荒事(あらごと)まで演じたが、当時の下町娘の気質(きしつ)を写した「おちゃっぴい」とよばれるお転婆(てんば)娘の役を本領とした。また下膨れの丸顔だったので「お多福の半四郎」とよばれた。[古井戸秀夫]

5世

(1776―1847)4世の子。1804年(文化1)襲名。化政(かせい)期(1804~1830)に女方の座頭(ざがしら)格として活躍した。父が先鞭(せんべん)をつけた生世話(きぜわ)物の役々を受け継ぎ、とくに悪婆(あくば)役を大成、立役の相手役でしかなかった女方の芸に新境地を開いた。4世鶴屋南北(なんぼく)は『お染の七役』を書き与えた。立役、荒事も演じ、なかでも父譲りの白井権八は半四郎の家の芸とまでいわれた。面長で受け口の美貌(びぼう)、切れ長であいきょうのあふれた目元は「眼千両(めせんりょう)」とたたえられた。晩年は俳名の杜若(とじゃく)を芸名とし、長男で粂三(くめさ)の半四郎とよばれた6世(1799―1836)、および次男で紫若(しじゃく)の半四郎とよばれた7世(1804―1845)とともに江戸三座の立女方として君臨し、「大太夫(おおだゆう)」と称された。[古井戸秀夫]

8世

(1829―1882)7世の子。幕末から明治にかけて東都劇壇を代表する立女方。1872年(明治5)襲名。お嬢吉三(じょうきちさ)、十六夜(いざよい)、三千歳(みちとせ)などの初演はこの人である。[古井戸秀夫]

10世

(1927―2011)本名仁科周芳(にしなただよし)。舞踊家花柳寿太郎の長男で、1951年(昭和26)に襲名。立役の脇役(わきやく)[古井戸秀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の岩井半四郎の言及

【女方(女形)】より

…2人の没後,初世中村富十郎はじめ多くの名優が輩出。代々の瀬川菊之丞,4世から8世までの岩井半四郎は女方の名優で,瀬川家と岩井家は,江戸時代を通じて女方の二大名門であった。一座の中で最高位にある女方を〈立女方(たておやま)〉といったが,明治・大正期の5世中村歌右衛門に至るまでは,女方は座頭(ざがしら)にはなれなかった。…

※「岩井半四郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岩井半四郎の関連キーワード嵐三右衛門歌舞伎子歌舞伎役者瀬川如皐名題下類族中村雀右衛門中村歌六中山文七山中平九郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩井半四郎の関連情報