南部せんべい(読み)なんぶせんべい

世界大百科事典内の南部せんべいの言及

【せんべい(煎餅)】より

…アイロン様の道具でせんべいが膨れあがるのを抑えながら焼くのが特徴で,堅くしまっていながら,砕けやすく香気の高いものが良品である。しかし,《嬉遊笑覧》が小麦粉系のせんべいを列挙したあげく,〈塩せんべいといふもの,むかしの煎餅にて〉としているのを見ると,塩せんべいの語はより古く,〈南部せんべい〉のような,塩味の小麦粉せんべいを指したものだったかもしれない。なお現在では,草加せんべいのような米粉系のせんべいと,あられかき餅など餅でつくったものを一括して米菓と呼ぶことが多い。…

※「南部せんべい」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南部せんべいの関連情報