コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

危険の契約

1件 の用語解説(危険の契約の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

危険の契約

英国の作家エリック・アンブラーがエリオット・リード名義で書いたスパイ小説(1954)。原題《Charter to Danger》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

危険の契約の関連キーワード叛乱裏切りへの道汚辱と怒り恐怖のパスポート恐怖への旅恐怖へのはしけ暗い国境スカイティップ武器の道夜来たる者

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone