危険の契約

デジタル大辞泉プラスの解説

危険の契約

英国の作家エリック・アンブラーがエリオット・リード名義で書いたスパイ小説(1954)。原題《Charter to Danger》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android