コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厚焼(き)卵 アツヤキタマゴ

デジタル大辞泉の解説

あつやき‐たまご【厚焼(き)卵】

厚めに焼いた卵焼き。多く、四角い専用の鍋を使って、箱形に仕上げる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の厚焼(き)卵の言及

【卵】より

…薄焼卵はせん切りにして(金糸(きんし)卵と呼ぶ),五目ずしやめん類の具にしたり,焼き上げた大きさのまま酢飯を包んで茶巾(ちやきん)ずしにする。厚焼卵には関東風の厚焼きと関西風のだし巻とがある。前者は甘みをきかせた濃厚な味つけをし,表面に適度の焼色をつける。…

※「厚焼(き)卵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

厚焼(き)卵の関連キーワード押鮨

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android