コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

友梅 ゆうばい

世界大百科事典内の友梅の言及

【雪村友梅】より

…鎌倉末期から南北朝にかけての五山禅僧。幻空と号す。越後国白鳥郷に生まれ,侍童として鎌倉建長寺の一山一寧(いつさんいちねい)の室に入る。1306年(徳治1)入元,古林清茂(くりんせいむ)をはじめ,多くの禅僧に歴参し,また趙子昂(ちようすごう)に筆法を学んだが,一時間諜の嫌疑で投獄され,苦難をなめた。在元22年にして帰朝,播磨に法雲寺を開いたほか,建仁寺,南禅寺などに住した。五山文学の先駆者の一人で,詩文集《岷峨(びんが∥みんが)集》がある。…

※「友梅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

友梅の関連キーワード赤松則祐(あかまつそくゆう)一山一寧拙堂元敬赤松則村雪村友梅名花十友赤松則祐観世信光竺仙梵僊無文元選太清宗渭小串範秀五山文学雲渓支山蘭州良芳大歇勇健黙庵周諭漢文学江南区赤松氏

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android