双ループアンテナ(読み)そうるーぷあんてな

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

双ループアンテナ
そうるーぷあんてな

ループアンテナを数個直列に接続し、これを上下二段配列したもの。指向性を一方向に向けるため、導体板上4分の1波長離して設置してあり、テレビ電波の弱い地方の中継用アンテナ(サテライト局のアンテナ)として用いられている。[関口利男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android